【サッカー】久保建英2戦連続ゴールでチーム牽引「A代表で主軸」の存在感

公開日: 更新日:

 東京五輪男子サッカーのグループA・第2節が25日に行われ、白星スタート同士の日本U-24代表とメキシコU-24代表との一戦は、日本が誇る<二枚看板>がゴールを決め、2連勝・勝ち点6でA組首位に立った。

 前半6分。右SB酒井が右サイド前方のスペースにスルーパス。反応したMF堂安が追い付いてマイナス方向にグラウンダーのクロスを送った。

 トップスピードで走り込んだMF久保が、利き足の左足で押し込んで先制弾を叩き込んだ。ちなみに、5分55秒での得点は、日本代表の五輪史上最速ゴールである。

 11分には、左SB相馬がペナルティーエリア内でファウルを受け、ゲットしたPKを堂安が相手GKが左右どちらかにヤマをかけてセーブ体勢を取る――ことを見込んで、ゴール正面に強烈シュート。度胸満点のシュートを決めてメンタルの強さを見せつけた。

 日本は終盤に1点を返されたが、2-1で逃げ切りに成功。久保と堂安の勝利の立役者が今の好調をキープすれば、ライバル国もメダルの有力候補として要警戒レベルを上げてくるだろう。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路