聖光学院(福島)も連続出場「13」でストップ 夏の甲子園常連校が続々敗退のナゼ

公開日: 更新日:

 93年ぶりとなる快挙を逃したのが聖光学院(福島)だ。

 20日の福島大会準々決勝で光南に1―5で敗れ、夏の甲子園連続出場が「13」でストップしたのだ。

 夏の甲子園最多連続出場は、1915年の第1回大会から続けて出場した和歌山中(現桐蔭)の「14」。聖光学院は勝てば、それ以来となるタイ記録だった。

 甲子園に出るのが当たり前のような学校が、地区大会で敗退したのは聖光学院に限らない。20日現在、今年のセンバツに出場した32校中、6校がすでに敗退。中でも甲子園に出れば優勝候補だった仙台育英(宮城)、春の九州大会を制した具志川商(沖縄)が早々と姿を消した。

「コロナの影響は大きいですよ。部員に感染者が出れば原則、出場辞退ですからね。強豪校と練習試合を組んでの遠征はもちろん、ハードな練習もやりにくい。疲れがたまって抵抗力が落ちる可能性もありますから。選手たちの力をフルに発揮しづらい状況なのは間違いありません」(西日本の強豪校監督)

 甲子園では“ノーマーク”の学校が勝ち上がる可能性もありそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質