ライバル不在が招く白鵬の“永世横綱” 土俵のレベルダウンが名古屋場所でもハッキリ

公開日: 更新日:

 自称「大横綱」の笑いが止まらない。

 19日、優勝一夜明け会見で喜びを口にした白鵬(36)。

「場所前は引退の2文字が近づいていたので、今まで以上に自分を奮い立たせた」と話し、今後の進退については「それは僕が考えることじゃないんで。周りが進退と言ったら進退」と続けた。

 横綱の進退は基本、横綱自身が決めるというのが角界の常識。白鵬の弁は開き直りにしか聞こえないものの、その気持ちもわからないでもない。

 今回の名古屋場所は6場所連続休場と手術明けにもかかわらず、無人の荒野を行くがごとし、全勝で45回目の優勝を決めた。

 ある角界OBは「今の力士は素直すぎる」と、こう続ける。

「衰えてきたとはいえ、相手は土俵の第一人者たる横綱です。挑戦者は張り手、ぶちかまし、かち上げ、変化とどんな手を使ってでも勝ちに行くべき。変化なんて食らう方が悪い。それを今の力士は横綱にわざわざ真正面から攻めて負けに行く。立ち合いで徳俵まで下がった7日目の翔猿は、まだ頭を使った方です。かつては出羽海一門が力士、親方衆総出で双葉山の相撲を研究して、連勝を止めた。今は親方衆もただ『前に出て攻めろ』くらいしか指導していない。『違反でなければ、勝つためには何をしてもいい』と思っている白鵬に勝てないのは当然です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に