大関・貴景勝が負傷休場…「頚椎椎間板ヘルニアによる神経根症」の相撲人生への影響は?

公開日: 更新日:

 6日、大関貴景勝(24)が休場を発表。「頚椎椎間板ヘルニアによる神経根症のため1カ月の休養加療」との診断書を提出した。

 貴景勝は2日目に逸ノ城と対戦。立ち合いで当たったものの、力なく寄り切られた。取組後も土俵に、もたれたまま動けず、車いすで退場。救急車で病院に搬送された。師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)は「首に電気が走って、今までにない痛みがあったようだ」と話していた。

 元中日ドラゴンズのチームドクターで、力士を治療した経験もある亀戸佐藤のり子クリニックの佐藤のり子院長は「神経根症だからこそ、そこまで大きなケガではありません」と、こう続ける。

「脊髄に影響となればともかく、神経根は脊髄から生えている枝のようなもの。治療は消炎鎮痛薬、あるいは点滴で多少のステロイドを入れて、必要なら神経ブロックの注射も打つ。そうして経過を見て、安静にしていれば大丈夫かと思われます。仮に手術をするとなっても内視鏡で十分可能な範囲です。これは想像ですが、貴景勝関は以前、何度か首を痛めたことがあるのではないか。今回、負傷した後に、ほぼ動かなかったのは正しい判断。もしかしたら過去、医者から『こういう場合は体を動かしたらいけない』と言われていたのかもしれません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”