侍Jは本当にベストメンバーか? オリ宮城と中日・柳の五輪選外いまだ疑問の声

公開日: 更新日:

 シビアな評論で知られる元巨人エースの西本聖氏が、日刊スポーツのコラム「熱投野球論」で<日本球界NO.1の左腕と言っても言い過ぎではないだろう>とし、<思わず「どうやったら得点できるのだろう」と考えさせる実力がある>とまで言っている。

 オリックスの高卒2年目、宮城大弥(19)のことである。27日の西武戦でも5回3安打無失点の好投を見せ、リーグ単独トップの8勝目。防御率も1.93となり、同僚で12球団1位(1.90)の山本由伸に肉薄した。

「今、日本球界で最も安定感のある投手と言って異論を挟む人はいないでしょう。ゆったりとした間合いから腕をコンパクトに振るため、打者はタイミングが取りづらい。平均145キロ前後の直球にはスピード以上のキレがあります。打者の左右に関係なく厳しく内角を攻められる気持ちの強さ、それを投げ切れる制球力は、特筆すべきものがある。変化球の精度も高い。東京五輪でも間違いなく中心になってしかるべき投手なのですが……」(評論家の橋本清氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程