渋野日向子はスイング改造以上に「心の闇」に苛まれている 今季メジャー初決勝Rへ

公開日: 更新日:

 初日はショットが安定せず、4オーバー93位と大きく出遅れた。ホールアウト後は、ファンのサインに応じてはいたものの、本来の笑顔は見られなかった。

 渋野には石川遼や、たまにスイングのアドバイスをもらえるコーチがいるそうだが、メンタルのトレーナーはいない。

「渋野は畑岡(奈紗)や笹生(優花)のように英語は話せないし、慣れない米国の生活は大きなストレスになっていた。メンタルトレーナーでなくても、気兼ねなく、何でも話せる者が帯同していれば、米国遠征はもう少し違った結果になっていたかもしれません。松山(英樹)も今年から目沢(秀憲)コーチをチームに入れて、スイング論などを話すことで、プレー中の気持ちも変わったという。ひとりで抱えずに、思っていることを言葉にするというのはメンタルヘルスに有効だと聞きました」(前出の関係者)

 心の問題といえば、思い出すのは2019年の全英女子オープンに勝った2週間後の大会(NEC軽井沢72ゴルフ)だ。渋野は最終日の18番ホールで5メートルのバーディーパットを沈めたら優勝だった。ところが、「緊張で手が動かなかった」(渋野)ことで、バーディーパットは2メートルもオーバー。返しのパットも外した。全英覇者として日本中から注目される中でのプレーがミスにつながった。あのシーンを見て、イップスを心配するツアーコーチもいた。

 今回の米ツアーも過度のプレッシャーとストレスが、似たような心理状態を生んだのかもしれない。

 国内ツアーに復帰したら、別人のようなゴルフを見せてくれるだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

  3. 3
    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

  4. 4
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 5
    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

もっと見る

  1. 6
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 7
    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

  3. 8
    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

  4. 9
    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

  5. 10
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!