武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

錦織圭のウィンブルドンでの課題は「早い仕掛け」だ

公開日: 更新日:

 週明けからテニスのウィンブルドン選手権が始まる。新型コロナの影響で、昨年は戦争以外の理由で初めて中止になり、今年も大半の記者はリモート取材だ。

 現地のカメラマンによればイギリスの自主隔離は厳格だ。入国後の2、5、8日目にPCR検査が義務付けられ、検査場に行く以外は外出禁止。毎日の電話に加えて抜き打ち訪問があり、5日目の陰性証明で外出が認められる。フランスで無料だった検査は有料とか。

■フェデラー最後の英姿か…ジョコビッチはゴールデンスラムの可能性も

 さて、今年の最大の注目はフェデラーだ。“聖地”での優勝が8度、テニス史を劇的に変えた英雄は夏に40歳になる。昨年、2度にわたって膝の手術を受け、先の全仏では膝の負担を理由に4回戦で棄権した。聖地復帰への備えだが、芝の緑にこそ映える芸術的な身のこなしを見るのは、これが最後かも知れない。

 ナダルは欠場で、記録で注目されるのがジョコビッチ。今年の全豪、全仏と優勝し、男子では史上3人目の年間グランドスラム達成の期待がかかり、オリンピック年だから、女子でグラフだけが持つゴールデンスラムの可能性もある。年間GSのチャンスは2016年にもあったが、その時はウィンブルドン3回戦で敗退だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい