朝乃山は照ノ富士のワザを盗め!謹慎中の過ごし方が大関復帰のカギを握る

公開日: 更新日:

 自らまいたタネとはいえ、6場所出場停止処分を食らった大関朝乃山(27)。次に出場できるのは来年7月場所とあり、1年間稽古のみという苦しい生活が待っている。

 ある親方は「腐らずに1年間稽古に専念することができれば」と、こう続ける。

「今より強い力士になれるかもしれない。昇進前の朝乃山は『立ち合いで強く当たって、前に出ながらまわしを探る』相撲が功を奏し、2年前の5月場所で初優勝。それが昇進するや勝ち急いでいるのか、腰高で最初から右を差そうと棒立ちになっている。これでは圧力を与えられないし、相手だって何の怖さもない。そんな朝乃山に見習ってほしいのが、照ノ富士の立ち合いです」

 かつては力任せの相撲を取っていた照ノ富士だが、序二段に落ちてから復活すると取り口が一変。昨年7月場所から3度、賜杯を掴んだ。

「両ヒザのケガを克服するため、徹底的に下半身を鍛えたからではないか。ヒザを曲げて低く鋭く踏み込むことで、下から上手を取ることができている。下半身に相当負担がかかるものの、大きい力士に下から攻められると非常にやりにくい。照ノ富士と違って特に大きなケガがあるわけでもないので、1年間でみっちり基礎から鍛え直せば朝乃山もそうした相撲ができるはず。さらに稽古に集中することができれば、もうひとつの課題といわれていたメンタルも鍛えられるでしょう」(前出の親方)

 そうなれば大関復帰も夢ではないが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感