朝乃山は照ノ富士のワザを盗め!謹慎中の過ごし方が大関復帰のカギを握る

公開日: 更新日:

 自らまいたタネとはいえ、6場所出場停止処分を食らった大関朝乃山(27)。次に出場できるのは来年7月場所とあり、1年間稽古のみという苦しい生活が待っている。

 ある親方は「腐らずに1年間稽古に専念することができれば」と、こう続ける。

「今より強い力士になれるかもしれない。昇進前の朝乃山は『立ち合いで強く当たって、前に出ながらまわしを探る』相撲が功を奏し、2年前の5月場所で初優勝。それが昇進するや勝ち急いでいるのか、腰高で最初から右を差そうと棒立ちになっている。これでは圧力を与えられないし、相手だって何の怖さもない。そんな朝乃山に見習ってほしいのが、照ノ富士の立ち合いです」

 かつては力任せの相撲を取っていた照ノ富士だが、序二段に落ちてから復活すると取り口が一変。昨年7月場所から3度、賜杯を掴んだ。

「両ヒザのケガを克服するため、徹底的に下半身を鍛えたからではないか。ヒザを曲げて低く鋭く踏み込むことで、下から上手を取ることができている。下半身に相当負担がかかるものの、大きい力士に下から攻められると非常にやりにくい。照ノ富士と違って特に大きなケガがあるわけでもないので、1年間でみっちり基礎から鍛え直せば朝乃山もそうした相撲ができるはず。さらに稽古に集中することができれば、もうひとつの課題といわれていたメンタルも鍛えられるでしょう」(前出の親方)

 そうなれば大関復帰も夢ではないが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 2
    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

  3. 3
    『ザ・ノンフィクション』話題の婚活回で“パロディー”にもなった50代男性の現在

    『ザ・ノンフィクション』話題の婚活回で“パロディー”にもなった50代男性の現在

  4. 4
    7カ月遅れで完成…岡田准一&宮崎あおい“5億円豪邸”の評判

    7カ月遅れで完成…岡田准一&宮崎あおい“5億円豪邸”の評判

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 7
    「らんまん」語りで8年ぶり地上波連ドラ出演も…宮崎あおい“不倫・略奪”に今も女性の拒否反応

    「らんまん」語りで8年ぶり地上波連ドラ出演も…宮崎あおい“不倫・略奪”に今も女性の拒否反応

  3. 8
    小室圭さん“年収倍増”報道で《お前らが努力しなかった10年で年収3800万円になった》投稿が話題

    小室圭さん“年収倍増”報道で《お前らが努力しなかった10年で年収3800万円になった》投稿が話題

  4. 9
    STARTO本格始動で際立つ日テレのシタタカさ…TV各局×旧ジャニーズ“蜜月濃度”には微妙な変化

    STARTO本格始動で際立つ日テレのシタタカさ…TV各局×旧ジャニーズ“蜜月濃度”には微妙な変化

  5. 10
    小池都知事は次の選挙で「カイロ大卒」と記すのか 学歴詐称疑惑再燃で「選挙公報」に注目集まる理由

    小池都知事は次の選挙で「カイロ大卒」と記すのか 学歴詐称疑惑再燃で「選挙公報」に注目集まる理由