ロッテ佐々木朗希がプロ初黒星…「中13日先発」がチームにもたらす弊害

公開日: 更新日:

 それまでとは別人のような投球だった。

 佐々木朗希(19)が24日のソフトバンク戦に先発、5回3分の1を投げて5安打3失点、6奪三振。プロ初黒星を喫した。

 初回、柳田に一発を浴び、続く栗原にも右前打を打たれたものの、五回まで許した安打はそれだけ。ところが、六回に入ったとたん、人が変わったように制球が乱れた。変化球が高めにすっぽ抜け、速球のコントロールも定まらない。3本の長短打で逆転を許し、四球を出したところで交代を告げられた。

 2年目の佐々木は今回が4試合目の登板。5月16日の西武戦を皮切りに中10日、中13日、中13日の登板間隔でこの日を迎えた。

 これだけ間隔をあけながら、しかし、球数は1試合目の西武戦から107、94、93、84球と投げるたびに減っている。自責点が2、3、1、3で済んでいるのは傷口が広がる前に代えてもらっているからで、スタミナ不足は否定できない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  2. 2
    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

  3. 3
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  4. 4
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  5. 5
    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

もっと見る

  1. 6
    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

  2. 7
    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

  3. 8
    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

  4. 9
    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

  5. 10
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界