渋野93位T発進で五輪へ正念場…尾を引く19年の米ツアーメンバー登録見送り決断

公開日: 更新日:

【全米女子プロゴルフ選手権】第1日

 東京五輪ゴルフ競技の日本代表2枠目を決める、最後の対象試合であるメジャー大会に出場した渋野日向子(22)は初日、1バーディー、5ボギーの76で回り、4オーバー・93位タイ発進だった。

 すでに代表決定の畑岡奈紗(22)は3オーバー・75位タイ。フィリピン代表で五輪に出場する笹生優花(20)は1オーバー・39位タイにつけた。

 前回リオ五輪の女子メダリスト3人(金=朴仁妃、銀=L・コ、銅=フォン・シャンシャン)は、いずれもメジャータイトルホルダーだった。経験と実績が大舞台で生きた。

 2019年に全英女子オープンに勝った渋野はいま、世界ランクでは稲見萌寧(21=25位)、古江彩佳(21=28位)につぐ日本勢4番手の31位と代表入りには厳しい状況だ。

 それでも「まだ(五輪出場の)チャンスはある。頑張る」(渋野)と前向きで、可能性は低いが今大会でメジャー2勝目を挙げたら文句なし。単独2位以上でも、稲見、古江を逆転し代表入りとなる。

長期ビジョンを持つ笹生とは大違い

 その渋野は現在、米女子ツアーに長期参戦中であり、メンバーカード取得に向けて必死に戦っている。今季のメジャーは「ANAインスピレーション」「全米女子オープン」とも予選落ち。6試合に出場してトップ30が一度もなく成績は低迷している。

「本来、2019年の全英女子オープンに勝った直後に、米女子ツアーにメンバー登録できるチャンスがありながら、海外の長距離移動や、英語も話せないからストレスになる、という理由で見送った。メジャーに勝ちながら、プロとしての明確な長期ビジョンがなかったのだと思います。その点、笹生は全米女子オープンに勝つと、『家族と相談して決める』と言い、すぐにメンバー登録を済ませて5年シードを手にした。笹生は小さい頃から将来は米女子ツアーで戦う目標を持っていた。一方、渋野は自身もビックリのメジャー勝利に戸惑い、日本ツアー専念を決めて米国行きを先送りした。その後に、『やはり米女子ツアーで戦いたい』と方向転換し、苦戦している」(ツアー記者)

 後悔は尾を引いている――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”