羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

星野陸也は4日間戦い抜いた3度目のメジャー挑戦が自信に

公開日: 更新日:

 先週はジョン・ラームがメジャー初優勝を遂げました。スペイン人選手の全米オープン勝利は初の快挙です。直前の「メモリアル・トーナメント」では3日目が終わって2位に6打差の単独首位に立ちながら、コロナ陽性反応が出て最終日は棄権というアクシデントに見舞われました。

 勝利を目前にして戦えなくなったのです。

 昔はすぐにカッとなる性格でしたが、その時の悔しさ、精神的な苦しさを乗り越えてメジャーを制し、26歳とまだ若いのですが急成長の証しが見えます。S・バレステロス、J・M・オラサバル、S・ガルシアについでスペインを代表する強い選手になっています。

 日本勢では「楽しみ」と注目していた星野陸也が3度目のメジャー挑戦で初めて決勝進出を果たし、26位でした。

 予選落ちした先月の全米プロから米国にとどまり、今大会に向けての取り組みが実り、自信になったと思います。

 メジャーはそれぞれ特徴があります。マスターズは“鏡のような”と形容される高速グリーンです。全米オープンは深いラフと硬いグリーン。そして全英オープンは強風とポットバンカーとの戦いです。それらプロの前に立ちはだかる壁にどう対応するのか、がメジャーでは求められます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外