ロッテ連日トレード 捕手&リリーバー獲得の裏に佐々木朗希

公開日: 更新日:

 ロッテが異例の2日連続トレードを発表した。

■“加藤トレード”の次は“ユウキトレード”

 加藤翔平外野手(30)を放出し、中日から加藤匠馬捕手(29)を獲得。ロッテは前日にも有吉優樹投手(30)を放出し、DeNAから国吉佑樹投手(29)を引き入れたばかりで、「ユウキ」の交換に続いて、今度は同姓のトレードをまとめた。

 パ・リーグ球団の編成担当は今回のロッテの積極補強をこうみている。

「ロッテのフロントの念頭には、いずれも佐々木朗希の存在もあるのではないか。ここまでの一軍登板3試合、特に5月16日のデビュー戦から2試合でコンビを組んだ捕手の佐藤都志也との間でバッテリーミスが散見されたでしょ。パスボールあり、ワイルドピッチありと息が合わず、初登板の西武戦では5盗塁も許した。3試合目は柿沼友哉がマスクをかぶりましたが、佐々木朗はクイックに課題が残る。正捕手の田村龍弘が故障で離脱する中、佐々木朗が投球に集中できる相棒が必要だった。その点、中日から獲得した加藤匠馬はキャッチングにレベルアップの余地を残すものの、肩はソフトバンクの甲斐に勝るとも劣らない。甲斐キャノンの向こうを張って、加藤バスーカと言われる強肩の持ち主ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る