大谷の球宴二刀流出場を監督容認 最後の大きなハードルは

公開日: 更新日:

「素晴らしい。イイネ。彼ができるのであれば反対しない」――。

 エンゼルスのジョー・マドン監督が、こう言って大谷翔平(26)のオールスター(日本時間7月14日=コロラド州デンバー)での二刀流出場を容認した。

 15日に発表されたファン投票の第1回中間結果でア・リーグDH部門1位の52万6608票を集めて、2位レッドソックスのマルティネス(29万3757票)に約23万票差をつけた。順調に得票を伸ばせば初の栄誉を手にすることになる。

 指揮官は、大谷の球宴での投打同時出場について「彼の登板日程による」としながらも「1イニングだけならね。本人が希望するなら私に反対する理由はない」とゴーサインを出した。

 主にファン投票で決まる野手とは異なり、投手は大リーグ機構(MLB)推薦と選手間投票で選出される。大谷がDHに加えて投手でも球宴メンバーに名を連ねるには高いハードルがあるものの、二刀流で選出されれば、投打の同時出場は現実味を帯びる。

 昨季、ア・リーグを制し、球宴で指揮を執るレイズのキャッシュ監督は大谷の投打の才能にゾッコン。2019年6月のレイズ戦(トロピカーナ・フィールド=フロリダ州セントピーターズバーグ)で大谷は日本人初のサイクル安打を達成。それを目の当たりにしてから、一目置くようになったそうだ。

 それまで二刀流に懐疑的な見方をしていたが、今では投打とも高いパフォーマンスを発揮する大谷について「特別な才能の持ち主」「彼こそがスーパースターだ」と賛辞を惜しまない。レイズは少ない予算で運営しており、人件費も限られるだけに、「彼(大谷)のように1人2役をこなす選手がいてくれると監督としては助かる」と話したこともあるという。

 キャッシュ監督の後押しを受けた大谷はナ・リーグを代表する投手と打者を相手に二刀流で結果を残せるか。

滑り止め使用に10試合出場停止の厳罰

 MLBは15日(日本時間16日)、投手による滑り止めの使用を禁止する新ルールを発表。今月21日(同22日)から適用され、登板時にサンオイルなどの異物使用が発覚すれば、即退場となり、10試合の出場停止処分が科される。

 新ルールでは球審が先発投手に少なくとも2度、リリーフ投手に1度は異物の有無を確認。相手チームの監督からの指摘がなくても球審の判断で随時、チェックできる。違反した投手が復帰するまで代わりの補充は認めないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る