オナイウ阿道が覚醒 W杯最終予選への期待度は?釜本氏の目

公開日: 更新日:

 日本代表が15日、キルギスを5-1で破り、カタールW杯アジア2次予選を8戦負けなしで難なくクリア。9月から始まる最終予選に臨む。

【写真】この記事の関連写真を見る(17枚)

■キルギス戦ハットトリック

 キルギス戦勝利の立役者といえば、やはりFWオナイウ阿道(25)だろう。1トップで先発して前半27分、PKで代表初ゴールを決めた。同31分には左ヒザに当てて押し込み、同33分には豪快なヘディングシュートを決めた。6分間でハットトリックの大活躍である。

「2018年に、J2山口の霜田監督(当時)が我慢強く起用し、シーズン22得点を挙げてブレークした。<頭を使って>ゴールできる選手。キルギス戦でもクロスの場所を指示したり、シュート前にポジショニングを微調整したり、自ら<シュートに持ち込める状況>をつくれるようになり、今季も横浜Mで10ゴールと結果を残している」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る