“IOCの尖兵”コーツ副会長来日 パパラッチが狙う夜の赤ら顔

公開日: 更新日:

<何しに来たのか><IOCの尖兵か>――。ネット上では早くも非難する声が目立つ。15日朝、豪州シドニーから東京・羽田空港に到着したIOC(国際オリンピック委員会)のジョン・コーツ副会長(71)。

 コーツ氏はこの日、入国前の抗原検査をへて都内のホテルに到着。3日間の隔離生活を送った後、五輪特例措置で待機が緩和され、活動計画書の行程に沿って五輪開催に向けた準備状況の確認、現地視察などを行うとみられる。

「五輪特例措置」による入国制限の緩和に対し、<どこがバブル方式だ。最初から穴だらけじゃないか>といった怒りの声もチラホラ聞こえてくるが、コーツ氏入国に大会関係者が何よりも神経をとがらせていることがあるという。

「パパラッチというのか、週刊誌記者らにコーツ副会長の行動をコッソリ撮影されて大々的に報じられることです。少なくとも7月23日の開幕まで長期間滞在する予定ですからね。競技会場の視察や組織委との打ち合わせだけで、後はホテルに缶詰めというわけにはいかないでしょう。しかし、万が一、コーツ副会長が赤ら顔で飲み歩く様子を撮影されたりでもしたら、それこそ、国民は『俺たちは我慢しているのに何だ!』と大騒ぎになるでしょう。コーツ副会長が外出する際には、記者らに尾行されないよう厳戒態勢が取られるほか、すでに日本料理、中華、洋食などの“お忍びレストラン”がピックアップされてリスト化されていると聞いています」(スポーツ紙記者)

「安全、安心の大会」には別の意味もあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る