著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

貧弱打線だった阪神が田中将大と涌井秀章に土をつけるとは

公開日: 更新日:

■出来過ぎて怖い?

 そんな豪華な先発ローテの中にドラフト1位のルーキー左腕・早川隆久が堂々と入りこみ、チームトップの7勝を挙げているのだから、ベテラン頼みのチームというわけでもない。リリーフ陣に目を向けても、MLB帰りのベテランサブマリン・牧田和久が渋い働きをしている一方で、かつての大物ドラ1右腕・安楽智大が、くだんの故障禍(詳細割愛)を克服して、ようやく自分の居場所を見つけつつある。さらに試合を締めくくるのは、今や押しも押されもせぬ球界屈指のクローザー・松井裕樹。彼もまた、かつての大物ドラ1左腕だ。

 なんとも理想的な投手編成である。生え抜きの若手や主力と、ベテランの大物補強が、ここまで見事にかみ合ったケースも珍しい。これでパの首位を走っているわけだから、そんな楽天阪神が3連勝するなんて、できすぎて怖いくらいだ。

■ビッグネームだらけの楽天に3タテ

 とりわけ、涌井秀章田中将大といった名の知れた大投手と、新生タイガースの中軸を打つ生え抜き大砲の大山悠輔佐藤輝明、外国人大砲のマルテやサンズの対決はワクワクした。一昔前の貧弱打線時代なら、こういう大投手が出てきた時点で、なんというか名前負けみたいな感じがして簡単に抑え込まれていたものだが、今はちがう。あの涌井からマルテが逆転ツーランを放ち、あの神の子・田中マーくんに大山とサトテルが強烈な一発を浴びせたのだ。

 しかも、涌井と投げ合った阪神先発の青柳晃洋と、同じくマーくんと投げ合った伊藤将司がいずれも好投して勝ち星をつけるなど、特に初戦と2戦目は虎党にとって最高の試合展開だった。さらに3戦目も接戦を制するなんて、なんだか本当に怖くなってきた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    岡本和真と村上宗隆のメジャー挑戦に“超逆風” 大谷バブルをブチ壊したMLB先輩野手の期待外れ

  2. 2

    なぜ阪神・岡田監督は大炎上しないのか…パワハラ要素含む「昭和流采配」でも意外すぎる支持

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  5. 5

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  1. 6

    鈴木誠也と吉田正尚が窮地…トレード浮上も引き取り手なし、大谷フィーバーの裏で価値大暴落

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    佐々木朗希の今季終了後の「メジャー挑戦」に現実味…海を渡る条件、ロッテ側のスタンスは

  4. 9

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  5. 10

    日本ハム水谷瞬プロ入り時のコーチが明かす覚醒のカギ「(当時)フライはまともに捕れず、バットにも…」

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪