キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

公開日: 更新日:

 居並ぶ理事たちの前では反省の色を見せていたというが……。

 11日、相撲協会の臨時理事会で大関朝乃山(27)への処分が決定。次の7月場所から6場所出場停止と共に、6カ月間の報酬減額50%となった。さらに師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)も監督責任を問われ、3カ月の報酬減額20%だ。

 新型コロナウイルスの蔓延で協会が不要不急の外出を厳しく制限する中、朝乃山は何度もキャバクラに通っていたのだから自業自得。ちなみにそんな大関を育てた錦島親方(元大関朝潮)も緊急事態宣言中の飲み歩きが発覚し、同日、退職届が受理された。弟子が弟子なら、師匠も師匠である。

 昨年、朝乃山同様にキャバクラ通いがバレた阿炎が3場所出場停止。今回はその倍になった。

 親方のひとりは「大関という地位もそうだが」と、こう続ける。

「協会にウソをついたことも大きい。週刊誌でキャバクラ通いが報じられた直後、朝乃山は『事実無根です』の一点張り。協会幹部が『世間から何を言われようが、協会はおまえの味方だから』となだめすかし、『ウソだったら大変なことになるよ』と言っても主張を変えなかった。救いの手を差し伸べられながら、何度もはねのけた。それが携帯電話の位置情報で行動履歴がバレるや、『すいません、ウソでした』だからね。コケにされた協会は怒り心頭ですよ」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき