朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

公開日: 更新日:

 この師匠にしてこの弟子あり、だ。

 11日の臨時理事会で6場所出場停止処分となった大関朝乃山(27)。さらに師匠の錦島親方こと元大関朝潮(65)の退職も決定した。

 緊急事態宣言下の5月場所前、キャバクラに何度も通った大関も大関だが、師匠の錦島親方も同じく飲み歩いていたのだから、とんだ「ダメ師弟」である。

 錦島親方は5月場所中、母校近大の関係者と飲みに行くなど、弟子に車いすを押させて複数回、居酒屋などで酒を飲んでいたという。

 角界では「どこか抜けたところがある」と苦笑いされていた錦島親方だが、朝乃山のキャバクラ通いが発覚した直後は厳しい態度を取っていた。

 評論家を務める日刊スポーツ紙の5月22日付けの「大ちゃん大分析」でこう綴っていたのだ。

<何であんな行動をしたのか理解したがい。入門から昨年まで師匠として、そんな指導はしてないし期待を裏切られた思いでいる。大関の地位にいながら考えが甘く自覚がなかった。信用を取り戻すためにどうするか、自問自答してほしい>

 今となっては「どの口が言うのか」という噴飯ものだ。かつては朝青龍が暴力事件を起こすなど、弟子の不祥事は今回で2度目。朝青龍も朝乃山もこんな師匠の背中を見て育ったのでは、醜態をさらすのもある意味必然か。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感