著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神救援陣崩壊危機 セットアッパー岩崎の穴を埋めるのは

公開日: 更新日:

 恐れていたことが現実になってきた。あれだけ盤石だったはずの阪神リリーフ陣がここにきて崩壊しだしたのである。

 特に不安なのは、ここまでセ・リーグのHP(ホールドポイント)トップを走ってきたセットアッパー・岩崎優。クローザーのスアレスにつなぐ七、八回を任されてきた鉄壁の左腕だったはずだが、交流戦に入ってから失点を重ね、ついに一軍登録を抹消された。

 正直、岩崎については同情の気持ちが強い。なにしろ、ここ数年はリリーフとして常にフル回転し、黙々と安定したピッチングを続けてきた投手である。過去2年間は防御率1点台、2017~18年は2年連続60試合以上登板、今年もここまで27試合に登板。143試合に換算すると70試合を超えるペースである。

 これだけ投げまくってきたら、蓄積疲労は相当なものだろう。年齢も早いもので、6月19日には30歳になる。もう若くないし、いつ壊れてもおかしくないような状況だったのだから、今回の登録抹消を機に一度ゆっくりリフレッシュしてもらいたいと思う。岩崎のような実績のあるセットアッパーの場合、ペナントレースが佳境に入る夏場以降にこそ、真の大活躍をしてもらいたい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで