渋野日向子を悩ます“三重苦”…飛ばず・上がらず・乗らず

公開日: 更新日:

【全米女子オープン】第2日

 2オーバー41位タイ発進の渋野日向子(22)は、大会2日目に1バーディー、6ボギーの76とスコアを落とし、通算7オーバーでホールアウト。カットラインに1打足りず予選落ち、決勝ラウンドには進めなかった。

 主催の全米ゴルフ協会(USGA)が設定するメジャー大会はフェアウエーが狭く、ラフが深く、小さなグリーンは高速とタフだ。さらに会場は「ティーイングエリア以外にフラットな場所がない」と言われるぐらいフェアウエーが左右どちらかに傾斜しており、狙いどころを絞るのが難しい。

 渋野は初日、フェアウエーを外したのは3ホールだけ(78.57%・ランク10位タイ)。ティーショットは安定していたが、肝心のパーオン率は44.44%(8ホール・102位タイ)とアイアンの精彩を欠いた。

 1987年の全米オープンを取材し、会場でプレー経験もある菅野徳雄氏(評論家)が「渋野のスイングではこのコースは厳しい」とこう続ける。

「打ち上げが多いグリーンを狙うには高弾道のキャリーボールを打たなければ乗らず、手前の深いガードバンカーにつかまるようにレイアウトされている。トップが低く、しゃくり上げるような渋野のスイングではボールが上がらない。アイアンは高い位置からヘッドを鋭角に下ろしてこなければバックスピンもかからない。第一、フェードボールも打てない。右、左へと打ち分ける技術がなければ、予選は通っても、上位争いは難しいでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”