巨人スモークは低めの変化球に弱い…デビュー1カ月でバレる

公開日: 更新日:

 27日の楽天戦、巨人が今季最少タイの3安打で3度目の完封負けを喫した。3試合目で交流戦初黒星。2016年の5連勝以来となる開幕3連勝を逃した。交流戦初登板となった先発・滝中の前に六回まで8三振。その後も酒居、宋、松井の継投の前に無安打に抑えられた。

 今季初登板初先発の巨人・横川は5回2失点と粘ったものの、打線が援護できず、プロ初黒星。

 原監督は「滝中の投球?(巨人打線は)三振も多かったし、いいところに投げられて、戸惑っていた」と白旗を揚げるしかなかった。

■打率.319も2戦連続無安打

 坂本、梶谷を故障で欠く打線の中で、頼りは25日の初戦で岸から本塁打を放つなど3安打をマークしたスイッチヒッターの5番、ジャスティン・スモーク(34)だったが、某スコアラーは「4月27日のデビュー戦からちょうど1カ月。これまでは手探りでしたが、打席数が多い左打席のデータが揃ってきました」とこう続けた。

「低めの変化球に弱い傾向が出ています。初戦の3安打の中には低めをはじき返したものもありましたが、2戦目に楽天・森原に胸元へ149キロの直球を投げられてから、大げさにのけぞっていた。そこから明らかに低めの変化球にタイミングが狂い始めた。胸元の速球を見せて低めに落とす。これはセットです。他の助っ人は振るようなボール球になるフォークボールの見極めはできる。スモークの場合、だから低めでもストライクゾーンに投げる必要があります」

 ここまで打率は.319。2戦連続無安打となった新助っ人の勢いが止まったら、巨人打線は大変なことになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽