朝乃山と共にキャバ 相撲記者は力士顔負けごっつあん気質

公開日: 更新日:

 これではどっちもどっちだ。5月場所直前のキャバクラ通いがバレて途中休場した大関朝乃山(27)。当初は協会の調査に「事実無根」とウソをついており、厳罰は免れないだろう。

 しかし、朝乃山とキャバクラに同席していたというスポーツ紙記者もある意味では“同罪”だ。今回の不祥事を報道した週刊文春によれば、この記者は「おまえら週刊誌だろ! こっちは素人じゃねえんだよ」と、文春の記者を恫喝。この記者と朝乃山、どちらがキャバクラに誘ったかは定かではないが、大関の放蕩を止めるどころか一緒に遊び歩いていたのだから。

 しかも、文春で証言したキャバクラ関係者の話では、飲食の支払いは朝乃山持ちだったという。「この記者だけじゃない。相撲記者の『ごっつぁん体質』は角界でも有名だよ」とは、あるタニマチ筋だ。

「もちろんマトモな記者も多いけど、力士や親方を金づると思っている記者もいる。例えば、取材を通じて知り合った企業の社長などをタニマチとして力士に紹介する。つまり、『世話をしてやっているんだから力士にはおごってもらって当然』と思ってしまう。朝乃山と一緒に遊んだ記者も、以前は貴景勝にべったりで、本場所中も繁華街に連れ回していたという。貴景勝の周囲が『夜遊びばかりしていると成績が下がるぞ』と忠告し、貴景勝もその記者と距離を置くようになったようだ」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」