松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

見苦しい朝乃山、大関なら釈明会見でこれくらい言ってみろ

公開日: 更新日:

 朝乃山、おまえって相撲取りは見苦しいったらありゃしない。「事実無根」と言ったのならそれで通しゃいい。「事実無根」の意味は分かるな?

「事実上未婚」と間違えたなんてことはないよな? なんでも年上の女優が好みらしいから、おまえが事実上未婚なのはいいとして、文春の記者から名刺ぐらいもらったろ? もらってない? まあ、もらっても「ブンハルさん?」とか読んだかもしれんし、「ジジツムコンです!」と言い張ろうが、「事実無根」と漢字で書けないかもしれん。まあよかろう。

 小学校の頃、校庭に土俵があって、それが往年の名横綱「太刀山」ゆかりの土俵だったそうじゃないか。同郷の大先輩であるのに「タチヤマ」とは読めずに「フトカタナヤマ」とか読んだかもしれんし、(オレだって太刀山のことは知らんし、めんどくせえから調べんかった)だから、まあ、それもよかろう。

 シカシ! おまえは相撲興行における最高位(のすぐ下だけど)大関を張ってるという自覚が欠如しとるンダ! 27歳にもなって、堂々と大関を張る大の男なら、「これはもう言い逃れはできない。序二段ぐらいまで転がり落ちてもいい。照ノ富士関みたく、もっぺん上がってきてやる!」という心意気がある証しを見せい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今