“キャバクラ通い”朝乃山は厳罰必至…地位陥落で“心折れ”も

公開日: 更新日:

 5月場所直前のキャバクラ通いを週刊誌にスッパ抜かれた大関・朝乃山(27)。当初は相撲協会の調査に「事実無根」と言い張っていたが、19日の取組後に一転、事実を認めた。緊急事態宣言下の軽率な行動もさることながら、ウソまでついていたことに協会はカンカンだ。昨年7月場所中に何度もキャバクラに通っていた阿炎は、出場停止3場所と減給処分を受けた。大関の地位を考慮すれば、阿炎以上の処分は免れそうにない。最低でも4場所の休場は避けられないとの見方もある。

 そうなると地位は一気に落ちる。今場所は7勝止まりなので、休場一発目となるであろう次の7月場所はカド番。2場所目で関脇、3場所目で幕内下位、4場所目で十両中位程度となるだろう。来年3月場所に復帰できたとしても、その頃には幕下上位にまで落ちてしまう。そこから再び大関を目指すとなれば、かなりの時間が必要だろうが、問題はそこまで本人のモチベーションを維持できるかどうか、だ。ある親方が言う。

「もともとおっとりした性格で、ガツガツしたところがない。自分を追い込むような稽古もあまりしない。大関に昇進してからはそれが顕著。地位に満足してしまっているんだろうね。最近の取組を見ても、工夫が見えず、安易な取り口で苦戦し、土俵際で何とか逆転という危うい相撲ばかり。緊急事態宣言下で辛抱できずに遊び歩いていたのも、心の弱さからくるものでしょう。どん底から奮起する以前に、心が折れてしまっているかもしれません」

 自分がまいた種とはいえ、処分次第では自ら引退を申し出るかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

  2. 2
    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

  3. 3
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  4. 4
    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

  5. 5
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  1. 6
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 7
    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

  3. 8
    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

  4. 9
    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

  5. 10
    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声

    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声