“キャバクラ通い”朝乃山は厳罰必至…地位陥落で“心折れ”も

公開日: 更新日:

 5月場所直前のキャバクラ通いを週刊誌にスッパ抜かれた大関・朝乃山(27)。当初は相撲協会の調査に「事実無根」と言い張っていたが、19日の取組後に一転、事実を認めた。緊急事態宣言下の軽率な行動もさることながら、ウソまでついていたことに協会はカンカンだ。昨年7月場所中に何度もキャバクラに通っていた阿炎は、出場停止3場所と減給処分を受けた。大関の地位を考慮すれば、阿炎以上の処分は免れそうにない。最低でも4場所の休場は避けられないとの見方もある。

 そうなると地位は一気に落ちる。今場所は7勝止まりなので、休場一発目となるであろう次の7月場所はカド番。2場所目で関脇、3場所目で幕内下位、4場所目で十両中位程度となるだろう。来年3月場所に復帰できたとしても、その頃には幕下上位にまで落ちてしまう。そこから再び大関を目指すとなれば、かなりの時間が必要だろうが、問題はそこまで本人のモチベーションを維持できるかどうか、だ。ある親方が言う。

「もともとおっとりした性格で、ガツガツしたところがない。自分を追い込むような稽古もあまりしない。大関に昇進してからはそれが顕著。地位に満足してしまっているんだろうね。最近の取組を見ても、工夫が見えず、安易な取り口で苦戦し、土俵際で何とか逆転という危うい相撲ばかり。緊急事態宣言下で辛抱できずに遊び歩いていたのも、心の弱さからくるものでしょう。どん底から奮起する以前に、心が折れてしまっているかもしれません」

 自分がまいた種とはいえ、処分次第では自ら引退を申し出るかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状