朝乃山は年寄剥奪も 嘘で高くついたキャバクラ遊びの代償

公開日: 更新日:

 相撲協会のルールを破った揚げ句、それをごまかそうとウソまでついた代償はとてつもなく大きいものになりそうだ。

 折も折、緊急事態宣言下のキャバクラ通いが発覚した大関朝乃山(27)のことだ。

 週刊文春によれば、朝乃山は今場所2日前の晩から翌日にかけて会員制のラウンジへ。これ以外にも緊急事態宣言の最中に“闇営業”のキャバクラに複数回出入りしていたという。

 不要不急の外出を禁じた日本相撲協会の「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に違反したばかりか、協会幹部の逆鱗に触れたのは聞き取り調査に対して当初、ウソをついていたことだ。

 協会のガイドライン違反では昨年7月場所の最中、当時、幕内だった阿炎がキャバクラに通ったことがバレて、出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%の処分を受けているが、大関という責任ある立場にありながらウソまでついていただけに重い処分は免れそうもない。

 ある親方が言う。

「朝乃山が聞き取り調査に対して当初、事実無根と言下に否定したのは致命的。協会の看板力士だけに、後で事実と分かったら大変なことになるよと何度も助け舟を出してもらいながらウソをついて逃げ切ろうとしたのですから。スミマセンと素直にキャバクラ通いを認めれば、大関という責任の大きさを加味しても阿炎よりひと場所多い4場所出場停止くらいで済んだかもしれないが、それより重い処分になるだろうし、相撲を取れたとしても年寄にはなれないかもしれない。協会のルール破りをごまかそうとした力士が、親方になって後進の指導をするのもおかしな話です」

 朝乃山は20日から休場したが、理事会では極めて重い処分を食らうことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき