朝乃山は年寄剥奪も 嘘で高くついたキャバクラ遊びの代償

公開日: 更新日:

 相撲協会のルールを破った揚げ句、それをごまかそうとウソまでついた代償はとてつもなく大きいものになりそうだ。

 折も折、緊急事態宣言下のキャバクラ通いが発覚した大関朝乃山(27)のことだ。

 週刊文春によれば、朝乃山は今場所2日前の晩から翌日にかけて会員制のラウンジへ。これ以外にも緊急事態宣言の最中に“闇営業”のキャバクラに複数回出入りしていたという。

 不要不急の外出を禁じた日本相撲協会の「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に違反したばかりか、協会幹部の逆鱗に触れたのは聞き取り調査に対して当初、ウソをついていたことだ。

 協会のガイドライン違反では昨年7月場所の最中、当時、幕内だった阿炎がキャバクラに通ったことがバレて、出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%の処分を受けているが、大関という責任ある立場にありながらウソまでついていただけに重い処分は免れそうもない。

 ある親方が言う。

「朝乃山が聞き取り調査に対して当初、事実無根と言下に否定したのは致命的。協会の看板力士だけに、後で事実と分かったら大変なことになるよと何度も助け舟を出してもらいながらウソをついて逃げ切ろうとしたのですから。スミマセンと素直にキャバクラ通いを認めれば、大関という責任の大きさを加味しても阿炎よりひと場所多い4場所出場停止くらいで済んだかもしれないが、それより重い処分になるだろうし、相撲を取れたとしても年寄にはなれないかもしれない。協会のルール破りをごまかそうとした力士が、親方になって後進の指導をするのもおかしな話です」

 朝乃山は20日から休場したが、理事会では極めて重い処分を食らうことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」