塩谷育代
著者のコラム一覧
塩谷育代プロゴルファー

1962年、愛知県名古屋市出身。高校卒業後にゴルフ練習場に入り、松井利樹プロの指導で82年にプロテスト合格。89年のヤクルトミルミルレディースで初優勝。92年、95年と2度賞金女王に輝く。ツアー通算20勝。93年オフに結婚。ママさんプレーヤーとしても活躍し、産休後にツアー復帰して優勝も飾った。2児の母親であり、レギュラー引退後はテレビ解説で活躍。若手プロやジュニア育成にも力を入れている。

稲見萌寧の「負けん気の強さ」は女子プロの中でも群を抜く

公開日: 更新日:
ヤマハレディース最終日、18番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする稲見(C)共同通信社

21歳・6勝

 プロ4年目の稲見萌寧が今年に入って4勝をマークするなど勢いに乗っています。2021年は全10試合に出場して優勝を含むトップ10入り8回と抜群の安定感が光っており、もちろん予選落ちは1回もありません。

 稲見は166センチ、58キロと恵まれたがっしり…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る