中国の五輪野球最終予選辞退は北京五輪ボイコットの導火線

公開日: 更新日:

 敵国は黙認するのか。

 台湾で来月開催される野球東京五輪最終予選を中国が辞退した。今大会は五輪出場権の最後の1枠をかけて、6チームが参戦予定だったが、中国が欠けて5チームになった。

 中国は出場辞退の理由について明らかにしていないが、「開催国が台湾だから」とみられている。

 台湾統一を目指す中国は近年、「一つの国」を受け入れない台湾に対し、軍事的威嚇を強めている。「台湾海峡の平和と安定」を求める米国は「有事」を想定し、海軍の駆逐艦を台湾海峡に通過させたり、南シナ海で空母による戦闘演習も行った。

 米国は経済・安全保障以外に、人権問題でも中国と衝突。両国はいつドンパチを始めても不思議ではない状況だ。

 中国の野球レベルは低く、最終予選で五輪切符を獲得できる可能性はゼロに近い。それでも今回の出場辞退は軽視できないとの声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る