八村塁に課せられる“五刀流”の仕事 POまで「マジック1」

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAウィザーズ・八村塁(23)に、エンゼルス・大谷翔平(26)ばりの働きが求められている。

 チームは32勝38敗の勝率.457で、イースタン・カンファレンス10位。プレーイン・トーナメントといわれるプレーオフ進出決定戦出場までマジック1とし、日本時間15日のキャバリアーズ戦で勝てば、次のステージに進める(7~10位)。

 ここにきて、チーム最多の平均31.4得点をマークしているエースのビールが左太ももを痛めて離脱。レギュラーシーズン残り2試合の欠場が濃厚だ。八村は2017年のMVPウェストブルック(前ロケッツ)とともにエースの穴を埋めているが、今後は大谷の三刀流を上回る五刀流の働きが課されそうだ。

 今季、加入したウェストブルックから「1番(ポイントガード)から5番(センター)まで(全てを)こなせるのは、おまえしかいない」と、ハッパをかけられている八村は、実際に全てのポジションに就くことはなかったが、ディフェンスでは元MVPの期待通りの働きを見せた。スピードのある選手を止めに入ったり、自分(203センチ)よりも上背のある相手と対峙するなど、ネッツ・デュラント、クリッパーズ・レナードらのMVP受賞経験のある大物にも互角に渡り合った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  5. 5

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る