新人2冠期待の阪神佐藤輝に立ちふさがる「死球禍のカベ」

公開日: 更新日:

 ゴールデンウイークに調子を上げてきたのが、阪神の黄金ルーキー・佐藤輝明(近大)だ。

 5月2日の広島戦でプロ初の「4番・三塁」でスタメン出場し、満塁弾を含む5打点をマーク。5日のヤクルト戦でも1安打を放つなど、4月30日以降の4試合は16打数7安打の打率・438、2本塁打、7打点と大当たり。開幕当初は打率1割台に低迷するも、通算打率は・263に上昇。9本塁打はリーグ3位、25打点はリーグトップと、2冠も視野に入ってきた。

 この日は4番の大山が二回に2試合連続となる失策を犯すと、四回の守備から途中交代。背中の張りで登録抹消されることが決まった。キャンプ中盤に腰背部の張りを訴えた影響を懸念する声もあっただけに、佐藤が「4番・三塁」で出場する試合が増えるかもしれない。

 そんな佐藤は今後一つのカベを乗り越える必要がありそうだ。さらなる厳しい内角攻めによる死球禍である。4日のヤクルト戦の八回に、左腕坂本の投球が背中を直撃。プロ初の死球を受けた。その直後の九回に本塁打を放ったものの、調子を上げれば上げるほど、他球団の攻め方は厳しくなるはずだ。ライバル球団の関係者がこう指摘する。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由