虎首位快走の裏に金本ドラフト! 大山“生え抜き4番”で覚醒

公開日: 更新日:

 いよいよ本格化しつつある。

 29日の中日戦、阪神大山悠輔(26)が3ランを含む3安打4打点の活躍で助っ人左腕・チェンの今季初登板初勝利を援護した。

 昨季、28本塁打を放ち、今季も不動の4番として5本塁打をマーク。掛布以来となる生え抜き4番としての地位を固めている大山は、2016年ドラフトで単独1位指名された。

 球団内には当時、創価大の田中正義(現ソフトバンク)や桜美林大の佐々木千隼(現ロッテ)を推す声もあったが、当時の金本監督が「とにかく勝負強い、本塁打をたくさん打てる大砲が(阪神から)出ていない。タイガースの歴史に名を残す4番を目指してほしい」と、獲得をプッシュした。他球団関係者からは「大山なら2位でも取れた」と笑われたものの、今となっては英断だった。

 近年の阪神は大山を筆頭に、金本監督が関わった15~17年のドラフト指名選手が一軍で活躍を見せている。青柳(15年5位)、糸原(16年5位)が主力としてチームを牽引し、ベンチには馬場(17年1位)や小野(16年2位)、熊谷(17年3位)、坂本(15年2位)らが控えている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”