巨人ドーム無観客の他に3つの痛恨 「根幹揺らぐ」とOB嘆く

公開日: 更新日:

 コロナ対策に数十億円の費用をかけてきた巨人にとっては、まさに痛恨だ。

 4都府県を対象に緊急事態宣言が発令されたことを受け、巨人はすでに30日~5月9日に東京ドームで開催する公式戦4試合を無観客で開催し、2試合を延期すると発表している。神宮球場で行われる27日のヤクルト戦から無観客となるが、グラウンドにも暗雲が立ち込めている。

■先発投手を続けて3人抹消

 まずは先発投手陣である。24日にエンジェル・サンチェス(31)が右肩痛で登録を抹消されると、翌25日には戸郷翔征(21)も二軍落ち。前日24日の広島戦で5回途中4失点KOで2敗目を喫し、今季は2勝2敗、防御率は3.77だった。宮本投手チーフコーチは「冷却期間を与えたい」と説明。さらに昨26日にはドラフト1位の平内龍太(22=亜大)が登録を抹消された。巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏がこう言う。

「サンチェスはともかく、戸郷の抹消は驚きました。エース菅野を含め、先発3本柱としてチームを引っ張る立場。原監督が話しているように、戸郷は『菅野を超える』という目標を持ってマウンドに上がっているはず。GW中の2試合が延期になったことで影響が少ないと見ているのかもしれないが、準エースに『冷却期間』を与えるほどの投球には見えなかった。故障を疑ってしまいますよ。新人の平内にしても、今週先発するかもしれなかった投手でしょう。いいなと思って見ていたので、原監督の見切りがいつもより早い印象を受けます。開幕から打線が低調な巨人にあって、投手陣がチームを支えたから貯金(5)がある。ここが崩れたら、チームの根幹が揺らぐことになります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走