小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

センバツ決勝「明豊の2つのミス」と「東海大相模の我慢」

公開日: 更新日:

 先のセンバツは東海大相模(神奈川)が明豊(大分)を破り、10年ぶり3度目の優勝を果たした。甲子園通算30勝目となった門馬監督の「我慢」と「投手力」の勝利である。

 まず準々決勝、準決勝と連続完封のエース左腕・石田を決勝で先発させず、ベンチスタートにしたこと。無失点できていたが、実はかなりヘバっていて、先発なら危ないとみていた。先発は1回戦で好投した背番号18の石川で正解だった。

 驚いたのは1―1で迎えた四回だ。1死満塁のピンチで投手交代。ここで石田かと思いきや、門馬監督がマウンドに送ったのは、背番号10の求だった。左翼への犠飛で1点を失ったものの、ここを1失点でしのぐと、2―2となった六回2死一、二塁のピンチで満を持して石田を投入。ここを切り抜け、七、八、九回も無失点。今大会29回3分の1を無失点に抑え、優勝投手となった。

 門馬監督は「最後は石田と決めていた」と語ったが、「1週間500球」の球数制限がある中、「我慢」の継投が優勝を手繰り寄せた。

 一方の明豊は初優勝まであと一歩だった。もったいない攻撃は前出の四回。1死満塁から左翼への犠飛で1点を勝ち越した直後、二塁走者が走塁死した場面があった。東海大相模のカットプレーは、左翼手―三塁手―捕手―三塁ベースに入った遊撃手とわたった。明豊の二塁走者はカットマンの三塁手が本塁へ送球してからスタートを切り、憤死した。このケースは「ダブルタッチアップ」でなければダメなのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

  4. 4
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  5. 5
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  1. 6
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  2. 7
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  3. 8
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  4. 9
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  5. 10
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ