二階氏「五輪中止」発言で晴海フラッグは“負の遺産化”回避

公開日: 更新日:

「これ以上とても無理だということだったら、これはもうスパッとやめなきゃいけない」

 新型コロナウィルスの変異株の広がりなど、感染者数が再び増加するなか、自民党二階俊博幹事長が、ついに“オリンピック中止”に言及した。

 15日、TBSのCS番組の収録に出演した二階氏は、司会者から中止の選択肢を問われ、「それは当然だ。オリンピックでこの感染病をまん延させたら、何のためのオリンピックか分からない。そこはその時の判断で良い」と答えた(その後、同日に「何が何でも開催は違うの意」などと釈明文書を発表)。

 共同通信の世論調査では、国民の70%以上が「オリンピックの中止、もしくは延期」を求めている中、与党の大幹部がその可能性に明言したことで、中止に現実味を帯びてきた。

 不動産ジャーナリストの榊淳氏は、オリンピックの中止がプラスに働くと指摘するのが、延期で塩漬け状態になっている集合住宅「晴海フラッグ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る