五輪開催まで100日「今の大阪は近い将来の東京」の現実味

公開日: 更新日:

 東京五輪開幕まで100日となった14日、聖火リレーは前日に引き続き、大阪・吹田市の万博記念公園で一般観客を入れずに行われたが、観客の有無にかかわらず大阪の聖火リレーには批判の声もある。

 大阪は13日、新規感染者が過去最多の1099人を記録。吉村知事は「非常に危機感を強めている状況。医療体制も逼迫している」と語った。

【写真】この記事の関連写真を見る(31枚)

 すぐに使える224の重症病床はほぼ埋まっている。14日は新たに1130人の感染が発表された。

 大阪の爆発的な感染は、変異株の影響が大きい。これまでより感染速度が速く、重症化しやすい特徴があるといわれている。五輪の舞台となる東京も14日の感染者は591人。先月、2回目の緊急事態宣言が解除されて以降では最多となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る