サウサンプトン南野の「2戦連続出番なし」が意味するモノ

公開日: 更新日:

 英プレミア・サウサンプトンの日本代表MF南野拓実(26)が、2試合連続でベンチを温め続けた。

 日本での代表ウイークをこなした後のバーンリー戦(日本時間4日)は「移動など疲労残り」でプレー免除。同13日午前2時開始のウエスト・ブロム(WBA)戦は、現地メディアも「先発」と報じていたが、フタを開けてみると予想外のベンチスタートとなった。先発2トップは、バーンリー戦でゴールを奪ったFWイングスとMFレドモンド。同試合で先制点を決めたMFアームストロングが左サイドMFに、元イングランド代表FWウォルコットが右サイドMFに入った。

 前半で0-2とリードされたサウサンプトンは後半24分、ダメ押しの3失点目。攻撃陣を入れ替え、何とか一矢を報いたい状況で背番号10のMFアダムスが投入された。しかし形勢は変わらない上に同42分の<2枚替え>の際も南野にお呼びは掛からず、連続のベンチウオーマーとなった。

「レンタル移籍の南野は今季終了後、保有元リバプールに戻るか、サウサンプトンに完全移籍するか、そのどちらかを選ぶことになるが、サウサンプトン幹部は南野ではなく、エバートンからレンタル移籍中のウォルコットを完全移籍で引き入れることにしているともっぱら。今季限りでいなくなる南野は“使いづらい選手”ということです」(サッカー関係者)

 英プレミアは残り7試合。赤色・白色のたすき掛けのユニホーム姿をあと何回、見られるか?

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?