中田翔“青タン欠場”…それでも頼らざるを得ないハムの絶望

公開日: 更新日:

 最下位に低迷するチームを象徴するような話ではないか。

 日本ハム中田翔(31)が7日のソフトバンク戦で三振後、ベンチでバットをたたき折ったうえに、転んで右目を腫らし、栗山監督から怒られていた。目の周りに青アザができていて、8日は試合を欠場した。

 ここまで10試合に出場して打率.237、0本塁打、3打点。4番打者がこの体たらくでは、チームが開幕から1勝しかしていないのも当然と思いたくもなる。

 中田は今季が3年契約の3年目。昨季は4年ぶりに打点王のタイトルを獲得したものの、とてもじゃないが年俸3億4000万円の価値があるとは思えない。これまでの日本ハムなら契約が切れる今オフに見切りをつけるところではないか。主力をFAやトレードで放出、強引に穴をあけてでも若手の成長を促し、新陳代謝を図るのがチームの戦略でもあるからだ。が、そうもいかないのが実情だという。日本ハムOBの話。

「高卒3年目の野村が打率.303でリーグ7位、ファームでは同じく3年目の万波が打率.340、5本塁打、19打点と気を吐いていますが、野村はすでに3失策と守備に難があり、万波も未完成。ポテンシャルの高い清宮がひと皮むければともかく、ファームでまだ1本塁打ですからね。多少、時間がかかっても4番の穴を埋められそうな若手がいないのです。再来年に開場する新球場の目玉になる選手もいないし、しばらくは中田に頼らざるを得ません」

 ドラフトと育成でチームを活性化、そうやって戦力を維持してきたのは過去の話というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”