楽天マー君“初登板”先送り 男気とメジャー復帰のジレンマ

公開日: 更新日:

 最短での復帰はかなわなかった。

 7日、右足ヒラメ筋の損傷でリハビリを続ける楽天田中将大(32)の初登板が、さらにズレ込むことになった。

 開幕2戦目の先発を回避した田中は、抹消後も一軍に帯同しつつ、10日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)の先発を目指していた。しかし、石井監督はこの日、状態の悪化については否定した上で、今後に考慮し、復帰を延期すると説明。17日の日本ハム戦(東京ドーム)での先発が有力視されるが、状況次第で前倒しする可能性もあるという。

 楽天OBは「田中はジレンマを抱えていることでしょう」とこう話す。

「年俸9億円+出来高という破格条件で、ファンの期待を一身に背負って古巣へ復帰した。オフのメジャー再挑戦も視野に入れる一方で、『腰かけ』と思われないためにも、誰より本人が早く投げたいと思っている。ただ田中は、下半身に不安を抱えている。過去に何度か太ももを故障しているだけでなく、ふくらはぎを構成するヒラメ筋を肉離れしたのは初めてのはず。年を重ねるにつれ、肉離れは再発しやすくなる。ふくらはぎは膝やアキレス腱とつながっているため、無理をすれば膝や足首を大ケガしかねない。メジャー復帰はおろか、今後の野球人生にも影響するため、万全を期したい。かつてヤンキースから広島へ復帰した黒田博樹のように、古巣で燃え尽きるわけにはいかないのです」

 ともあれ、気を持たせておきながら、登板延期を繰り返すことだけは避けてもらいたいものだが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」