瀬戸が3種目五輪内定で汚名返上 課せられる日本牽引の大役

公開日: 更新日:

 東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権(東京アクアティクスセンター)は6日、男子200メートルバタフライ決勝を行い、2016年リオ五輪400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(26)が1分55秒20で2位。日本水連が定めた派遣標準記録(1分56秒25)をクリアし、個人メドレー2種目と合わせ計3種目での代表入りが内定した。

「このタイムで決まったのはラッキーだなと思う。夏に向けて強化して、もっといいタイムでメダルを取りたい」(瀬戸)

 瀬戸は不倫騒動で地に落ちた汚名を東京五輪でそそぐべく、2大会連続の表彰台を目指す。個人での結果にこだわるのは競泳代表陣の浮沈の鍵を握るからでもある。

 瀬戸は不倫が発覚した際には派手な交友関係など私生活の乱れっぷりがメディアを騒がせたが、それまではチームのまとめ役で、代表の中心選手だった。醜聞により主将の座は“剥奪”されたが、競技に取り組む姿勢は真摯だ。意外にも、若手の面倒見も良く、種目が異なる選手であっても男女問わず相談相手になり、親身にアドバイスしていたという。

「幼少の頃からライバルだった萩野(公介)が一時期、低迷してからは、女子の大橋(悠依)とともに代表を引っ張ってきた。今でも瀬戸を慕う若手も多い。さすがに東京五輪で主将に復帰するのは考えにくいが、五輪本番ではチームの精神的な支えになるのではないか」(競泳関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感