大関復帰の照ノ富士に「土俵の地盤沈下」食い止めへの期待

公開日: 更新日:

 久々の「強い大関」誕生だ。

 3月31日に伝達式に臨み、正式に大関復帰を果たした照ノ富士(29)。「もっと稽古に精進して、上を目指したい」と、最高位も視野に入れている。

 気がかりはもちろんヒザのケガだ。両ヒザに分厚いサポーターをつけ、伝達式でも正座ができなかったほど。仮に横綱に昇進しても、短命に終わる危険をはらんでいる。

 しかし、強い上位力士の存在は今後の土俵を考える上でプラスだ。芝田山広報部長(元横綱大乃国)も「照ノ富士は3人の大関より抜きんでている」と話したように、朝乃山正代貴景勝の3大関は安定感がイマイチ。正代は来場所カド番で、他の2人も3月場所は10勝5敗だった。彼らと比べても照ノ富士の力が抜けているのは間違いない。

 近年は新弟子の数が減少している。最盛期は年間200人を超える入門希望者がいたが、近年はその半分以下。去年、今年はコロナ禍の影響もあったとはいえ、コロナ以前の2019年も年間70人だった。

 競技者が減れば競技レベルも下がるのは相撲も同じ。それでも実力のある力士が上にいれば、全体の引き上げにつながる。かつて横綱白鵬は「下の者の壁になる」と豪語していたが、数年前から地位にしがみつく名ばかりの横綱に。だからこそ、照ノ富士は「壁」としての役割を期待されている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害