武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

撤退続々…マラソン日本の「固有財産」を潰した真犯人は?

公開日: 更新日:

 日本のマラソンはどこに行くのか――国内で最も伝統のある「びわ湖毎日マラソン」に続き、多くのドラマの舞台となった「福岡国際マラソン」も今年を最後に撤退することが決まった。これで、東京国際マラソン(1981~2006年)とともに、マラソン人気を牽引してきた伝統の舞台がすべて姿を消すことになる。

 びわ湖は76回、福岡国際は75回。これだけの足跡を持った大会は世界にもそうはない。特に福岡国際は、1897年に始まったボストン、1909年のウィンザー(96年にロンドンに吸収)、24年のコチツェ(現スロバキア)と並んで世界4大マラソンのひとつとしての権威を誇ってきた。

■老若男女の夢と話題

 90年代のケニア勢の参入、今世紀に入ってからの大衆マラソンの隆盛で、エリートマラソンは参加者3万人を超す現在の東京マラソン、大阪マラソンなどの陰に追いやられ、スポンサー離れが進んでいた。日本陸連・尾縣貢専務理事はいまさらこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  2. 2
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  3. 3
    落合博満さんとの1対4トレード要員となった牛島は星野監督に「僕が何かしましたか?」

    落合博満さんとの1対4トレード要員となった牛島は星野監督に「僕が何かしましたか?」

  4. 4
    82歳資産家宅で強盗撲殺事件 23歳美人妻はダンプで乗りつけ夫の犯行を手助けした

    82歳資産家宅で強盗撲殺事件 23歳美人妻はダンプで乗りつけ夫の犯行を手助けした

  5. 5
    コロナ「第6波」ピークアウトはいつだ? オミクロン株先行国は1カ月程度で頭打ち

    コロナ「第6波」ピークアウトはいつだ? オミクロン株先行国は1カ月程度で頭打ち

もっと見る

  1. 6
    「クレベリン」に措置命令で消費者から「効果ないならお金返して!」の声も 大幸薬品の対応は

    「クレベリン」に措置命令で消費者から「効果ないならお金返して!」の声も 大幸薬品の対応は

  2. 7
    10代女性とホテルで休憩中に…エリート医師が財布からポイントカードをくすねた顛末

    10代女性とホテルで休憩中に…エリート医師が財布からポイントカードをくすねた顛末

  3. 8
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  4. 9
    関ジャニ大倉忠義と熱愛報道 広瀬アリスの「ありがとうございます」で分かる交際進展度

    関ジャニ大倉忠義と熱愛報道 広瀬アリスの「ありがとうございます」で分かる交際進展度

  5. 10
    阪神の今季の問題はただひとつ 4番や開幕投手などどうでもいい

    阪神の今季の問題はただひとつ 4番や開幕投手などどうでもいい