東海大相模“全員野球”でサヨナラV 首都圏随一選手層の真価

公開日: 更新日:

 1日のセンバツ高校野球決勝で明豊(大分)に3対2でサヨナラ勝ち、2011年以来10年ぶり、3度目の優勝を果たしたのが東海大相模(神奈川)。写真は優勝を決めた直後のシーンだ。

「最後までしぶとく、執念で戦った。全員でつかみ取った優勝だと思う」

【写真】この記事の関連写真を見る(37枚)

■キャプテンの遊撃手がいなくても…

 試合後の門馬監督がこう言ったように、ひとり突出したスーパースターがいたわけではない。それどころか、チームの大黒柱を欠きながら、それでも頂点に立った。

 主将で遊撃手の大塚瑠晏が急性胃腸炎のため入院、準々決勝以降の3試合はベンチ入りメンバーから外れたのだ。「内野の要で守備はチームの中でもピカイチ」といわれる主将の不在を感じさせない戦いぶりは、それだけ選手層が厚いということ。「首都圏で最も野球のうまい中学生が集まる高校」と、他の野球学校がうらやむゆえんだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

  4. 4
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  5. 5
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  1. 6
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  2. 7
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  3. 8
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  4. 9
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  5. 10
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ