国内3大マラソンの2つが消滅…元陸連幹部の「嘆きと提言」

公開日: 更新日:

 3大大会のうち、2つが消える。

 1947年に「マラソンの父」と言われた金栗四三の功績をたたえる「金栗賞朝日マラソン」としてスタートした福岡国際マラソン選手権大会が、第75回の今年を最後に幕を下ろす。26日、主催の朝日新聞や日本陸連などの発表に陸上界には衝撃が走った。

■41%が10%割れ

 福岡国際は66年から国際陸連(現世界陸連)が、世界で唯一「選手権」を名乗ることを認めた大会で、過去には世界のトップランナーが多数参加。世界記録も2度(67、81年)生まれている。ソウル五輪選考会となった87年大会は中山竹通が独走優勝。平均視聴率は41%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)もあった。

「時代が違うとはいえ、昨年の視聴率は9.8%(同調べ)。スポンサー離れなどに悩む主催の朝日新聞は3年前から撤退を考えていたようです。昨年で特別協賛のマイナビなどの契約は満了したと聞いた。エリートランナーだけの大会なので広告代理店は大手のスポンサーも探せない。主催者は市民参加で実施されている福岡マラソンとの統合も考えたが、きついアップダウンがあったりと、もろもろの事情で実現せず、今年限りとなった」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

  3. 3
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

もっと見る

  1. 6
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  2. 7
    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

  3. 8
    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ

    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ