国内3大マラソンの2つが消滅…元陸連幹部の「嘆きと提言」

公開日: 更新日:

 3大大会のうち、2つが消える。

 1947年に「マラソンの父」と言われた金栗四三の功績をたたえる「金栗賞朝日マラソン」としてスタートした福岡国際マラソン選手権大会が、第75回の今年を最後に幕を下ろす。26日、主催の朝日新聞や日本陸連などの発表に陸上界には衝撃が走った。

■41%が10%割れ

 福岡国際は66年から国際陸連(現世界陸連)が、世界で唯一「選手権」を名乗ることを認めた大会で、過去には世界のトップランナーが多数参加。世界記録も2度(67、81年)生まれている。ソウル五輪選考会となった87年大会は中山竹通が独走優勝。平均視聴率は41%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)もあった。

「時代が違うとはいえ、昨年の視聴率は9.8%(同調べ)。スポンサー離れなどに悩む主催の朝日新聞は3年前から撤退を考えていたようです。昨年で特別協賛のマイナビなどの契約は満了したと聞いた。エリートランナーだけの大会なので広告代理店は大手のスポンサーも探せない。主催者は市民参加で実施されている福岡マラソンとの統合も考えたが、きついアップダウンがあったりと、もろもろの事情で実現せず、今年限りとなった」(関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に