体罰は指導の放棄…古賀稔彦さんが貫いた柔道界異質の哲学

公開日: 更新日:

 1992年バルセロナ五輪柔道男子71キロ級の金メダリスト、古賀稔彦さんが24日に急逝した。53歳。死因はがんで、昨年から闘病中だった。関係者によると、昨年3月には腎臓の片方を摘出する手術を受け、最近になって腹水がたまるなど体調が悪化したという。

 88年のソウルから3大会連続で五輪に出場して「平成の三四郎」と称された古賀さんは、指導者としても類いまれな能力を発揮した。現役引退後は女子の日本代表コーチを務め、町道場の「古賀塾」を開いて後進の指導に尽力。2007年からは環太平洋大学(岡山県)の女子柔道部総監督に就任し、同部を全国屈指の強豪に引き上げた。

「40歳で弘前大学大学院に進学して医学博士の学位を取得。スポーツ選手の『五月病』をテーマに研究し、練習意欲低下の原因を科学的に分析して指導に反映させた。その先進性はいまだに根性論がはびこる柔道界では異質の存在でした」

 とは、柔道関係者。殴る、怒鳴るの指導が当たり前だった柔道界にあって、体罰や暴力的指導を完全否定。パワハラの根絶をことあるごとに訴えた。13年に日本女子柔道代表監督による暴力指導が社会問題化したはるか前から、「指導者が目標を頭ごなしに押し付けない」「選手が負けたのは指導者の責任。敗因を一緒に考える」「叱るにしても選手の逃げ道がなくなるようなやり方ではダメ」と指導者のあるべき姿を語り、「体罰は指導の放棄」と繰り返した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す