巨人ドラ1平内は澤村タイプ ローテ争い後退で中継ぎの目

公開日: 更新日:

 巨人ドラフト1位ルーキー・平内龍太(22=亜大)が9日、ソフトバンクとのオープン戦に2番手として登板。2回44球を投げ、2安打2失点だった。

 先月のキャンプ中の練習試合で5回を投げる予定が、3回5失点でマウンドを降りていた。今月6日の二軍戦で1回無失点。オープン戦初登板のこの日は「追試」だったが、2三振を奪ったものの3四球。2イニング目となった六回には、四球で出した走者を周東の2ランでかえされるなど課題を残した。

 これで開幕ローテ争いは一歩後退となった。現状ではエース菅野、戸郷、サンチェスが当確。FA新加入の井納も有力となっており、残り2枠を高橋、今村の両左腕と平内が争っている。

 その高橋は7日の日本ハム戦で5回途中無失点の好投。キャンプから安定した投球を続けているため、5枠目をほぼ手中に収めている。さるチーム関係者がこう言った。

「最後のイスを今村と平内、この日昇格した大穴・野上が争う形だが、平内はこの日151キロをマークするなど球威があって、スプリットで空振りが取れることは証明した。原監督はドラフト指名した際、『菅野2世』と評したが、四球が多いところなど、かつて抑えを務めた澤村を彷彿させるところがある。その“先輩”も当初は先発だったが、途中からリリーフに転向した。平内は亜大時代に救援もやっていた。昨年までのクローザーのデラロサが骨折で離脱していることもあり、信頼できる救援投手は中川、高梨、大江ら左腕が多く、右腕は手薄。先発6人目に入れなければ、中継ぎに回る可能性があります」

 ドラ1ルーキーが正念場を迎えている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!