DeNA助っ人10人全員不在で開幕…試される若手選手の本気度

公開日: 更新日:

 災い転じて福となればいいのだが……。

 助っ人10人全員来日未定、開幕不在という緊急事態に見舞われているDeNA。世界中で猛威を振るうコロナ禍でビザ取得ができず、来日のメドすら立たない状況だという。仮に日本に来られたとしても2週間の隔離期間を経て、二軍で調整をしなければならない。一軍合流時期はまさに「神のみぞ知る」といったところだ。

 三浦新監督は、昨季まで指揮を執っていたラミレス前監督のオフェンス重視から、ディフェンス重視のスモールベースボールに方針転換の真っ最中。そこにきて、2018、19年本塁打王のソトと昨季20本塁打のオースティンがいなければ、いよいよ打線が小粒になりかねない。投手陣だって勝利の方程式の一角を担っていたエスコバー不在は大きな痛手だ。

 三浦監督は「ポジティブに捉える。若手はチャンスだと前を向いてほしい」と話しているが、評論家の山崎裕之氏は「監督としてはそう言うしかないですからね」と、こう続ける。

「苦しい船出になりますが、三浦監督が言うように『よし、ポジションを掴むチャンスだ!』と選手が奮起しなければウソです。特に控えの選手は口にこそ出しませんが、ポジションのかぶるレギュラーに対しては『ケガでもしないかな』と心の中で思っているもの。今回の件も、そうやって選手が目の色を変えればチーム底上げの良いチャンスになる。ただ、我々の現役時代と違い、今の選手は多少の違和感でもすぐに休んでしまう。スポーツ医学も発達しているのでそれが悪いこととは言いませんが、チャンスはいつでもあるわけではないことは念頭に置いてほしい。チーム内の争いに勝てなければ、他球団と戦う以前の問題です」

 助っ人不在で激化するDeNAのレギュラー争い。若手は多少の無理も乗り越える必要がありそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す