遠藤航を欧州メディア絶賛の凄み 五輪代表OA枠に太鼓判

公開日: 更新日:

 欧州でプレーしている日本代表組の中で最も評価が高いのが、独ブンデスリーガ1部シュツットガルト所属の日本代表MF遠藤航(28)である。

 知名度ではスペインのMF久保建英(19)、英プレミアのMF南野拓実(26)の後塵を拝しているが、地元メディアから「彼は彗星のように世界レベルまで急成長。移籍金も2億円から10億円に急騰した」(ビルト紙)と絶賛されている。

 守備的MF(ボランチ)を主戦場とする遠藤のストロングポイントは「デュエル(1対1など球際の争い)の強さ」だ。ドイツでは「デュエルモンスター」というニックネームで呼ばれている。

 身長177センチ、体重76キロ。屈強な外国人選手と比べると体格的に見劣りするが、体幹の強さ、読みの鋭さ、判断の速さ、ポジショニングの妙で相手攻撃系選手からボールを奪い、そこから攻撃の起点として機能してきた。さらに「ゴールとアシストに関与するプレー」が増え、これが評価急上昇につながった。

 第23節のシャルケ戦(2月27日)では2ゴール2アシストの活躍で5―1の圧勝に貢献。老舗専門誌「キッカー」での「MVP」に選定された。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」