高野連を直撃「甲子園でリクエスト制度なぜ導入されず?」

公開日: 更新日:

 日本プロ野球(NPB)では3年前から導入されている。

 試合中のクロスプレーなどで審判の判定に不服がある場合、ビデオ映像から再検証を求めることができる「リクエスト制度」のことだ。

 昨季はNPBのセ・パあわせたレギュラーシーズンの全720試合のうち、リクエスト制度が使われたのは500回。そのうち、判定が覆ったのは163件だった。つまり、プロの試合でさえ4.4試合に1回は誤審が起きていることになる。

■申告敬遠や球数制限改革は進むが…

 一方、2月23日にセンバツの組み合わせが決まった甲子園はどうか。大会を運営する日本高校野球連盟(高野連)は昨年から申告敬遠を取り入れたり、選手の故障防止のために球数制限を設けるなどさまざまな改革を進めているが、しかし、今大会でもリクエスト制度は導入されない。

 甲子園はNHKで生中継され、会場ではチケット料金を取る国内最大級のメガイベントだ。それだけに、試合内容が球児の将来を左右することもある。また、甲子園での疑惑の判定は幾度となくインターネット上に出回ってきた。そのたび批判の矢面に立つのは審判たちだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質