今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

公開日: 更新日:

 そんな説明が通るのか。

 全日本柔道連盟(全柔連)の管理職の元職員が昨年4月、事務局内でコロナの集団感染が発生した経緯を調査していた過程で威圧的な言動を繰り返していた疑いが浮上。そのパワハラ疑惑を承知しながら公表しなかった山下泰裕会長(63)が26日、取材に応じた。

 山下会長はコンプライアンス委員会からパワハラ行為については報告があったことは認めたものの、隠蔽については否定。疑惑を公表しなかった点については、問題の元職員は1月に自己都合で退職し、連絡が取れず「パワハラ認定ができなかった」と釈明した。さらに山下会長は、日本オリンピック委員会(JOC)の会長を兼務していたことで忙しく、指摘されるまで「問題そのものに気づかなかった」とも語った。無責任な会長だ。

 国士舘大非常勤講師でスポーツライターの津田俊樹氏が言う。

「山下会長はパワハラの事実を報告され、対応を一任されていた。本人と連絡が取れなかったから公表しなかった、というのは隠蔽と同じです。全柔連は2013年、女子選手が暴力指導やパワハラを告発して大問題になった。本来ならすべてを公にし、反省しなければならないのに、やっていることは逆。JOC会長に就任するなり、自ら提案して理事会を非公開にしたときと同じ。組織のトップにふさわしくない」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す