“南野効果”ゼロ…新天地サウサンプトンは泥沼リーグ6連敗

公開日: 更新日:

 英プレミア・サウサンプトンに移籍した日本代表MFの南野拓実(26)が、新天地2試合目となるウルバーハンプトン戦(14日)に先発した。

 左サイドハーフに入った南野は局面に応じて前線、トップ下などポジションを変え、相手ボールになると献身的な動きでプレスをかけ、低迷中のチームに活を入れようと懸命に動き回った。

 しかし――。

 前半11分、自陣から南野が僚友MFレドモンドにパス。相手PA内まで猛然とダッシュして左足シュート! GKの好セーブに防がれ、見せ場は結局これだけ。後半17分にはベンチに連れ戻され、チームも1―2の敗戦を喫し、これで泥沼のリーグ6連敗となった。

「南野に『強豪リバプールから移籍してきた選手にチームは何を求めているのか、ちゃんと理解していますか?』と問いたい。労を惜しまずに動き回ったり、懸命にパスをつないだり、サボらずに守備に精を出したり、そういったことよりも<自ら仕掛けて相手DFの脅威となってゴールやアシストを決める>こと。出しゃばらずにチームプレーを重視するのではなく、ボールをオレに寄こせ!シュートを打たせろ!とエゴイスティックなプレーを見せてほしい」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 次節チェルシー戦(20日)で奮起すべし、だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?