安彦考真
著者のコラム一覧
安彦考真

1978年生まれ。神奈川県出身。43歳。身長175センチ、体重74キロ。2018年に練習生を経て「年俸ほぼ0円」でJ2水戸と40歳でプロ契約。19年にJ3のYS横浜に「年俸120円」で移籍。同年開幕戦に41歳1カ月9日で途中出場。ジーコのJ最年長初出場記録を更新した。20年限りで引退。「おっさんJリーガーが年俸120円でも最高に幸福なわけ」(小学館)が発売中。オンラインサロン「Team ABIKO」も開設した。

レベルが高すぎる…J入団テストで挫折感に打ちひしがれた

公開日: 更新日:

 ブラジルでプロになる夢を諦めて1999年に帰国。次なる挑戦はJリーガーだった。ジーコの実兄エドゥーが監督を務めていたJSSC(ジャパン・スポーツ・サイエンス・カレッジ)の選手兼コーチ兼通訳として働きながらチャンスをうかがった。

  ◇  ◇  ◇

 スカウトの目に留まらない選手がJの道を踏み出すには、入団テストに合格しなければいけない。だが、当時は情報網もなく、ツテをたどってようやく見つけたのがサガン鳥栖だった。

「ブラジルでプロ契約寸前まで行ったんだから、Jリーガーにはなれるだろうと軽く考えていました。でも、4~5日の練習参加で周りのレベルの高さに驚き、体が固まってしまった。全くダメでした」

 不合格という現実を突きつけられ、次はブラジルで知り合った元日本代表DF三都主アレサンドロの紹介で清水エスパルスに向かった。テレビで見たことのある有名選手と同じユニホームを着て試合に挑むことに緊張し、またもイップスに陥ってしまう。

「相手は青森山田高校だったと思うんですが、完全にビビってしまい、記憶も曖昧。30分×3本の1本目は消極的になってしまったけど、2本目からはもっとやれると思っていた。すると『もういいから』と(苦笑い)。情けない自分の姿と芝の泥臭いにおいだけがかすかに頭に残っています」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された